ソファ寝

どういうわけか、私はソファで寝るのが好きなのである。

ソファに寝そべりながら、テレビを見ながらだんだんとウトウトとしてそのまま寝る。本を読みながらウトウトしてきてそのまま寝る。ソファで食事をして、満腹の心地よさにウトウトとしてそのまま寝る。

いや~、頽廃的ですなぁ。

別に大豪邸に住んでいるわけではないから、ベッドまで行こうと思えば10秒で済む話である(マレーシア時代は一軒家を借りて住んでいたので、1階から2階に行くという面倒はあった)。

要は根が無精者なのである。でも、世の中、そういう無精者が多いらしく、ソファベッドなんていう家具もたくさんの種類が売られている。

ソファベッドは、ソファとして使っていた物を、就寝する段になったら変形させてベッドにして寝るのであるが、私が望むのはソファそのものに寝ることである。いちいち背もたれを倒したり、シートを引っ張り出したりといった作業なしで、そのまま眠りに入れることが無精者の理想である。

3人がけのソファであれば、大抵、横になるには十分な幅がある。2人がけだと足がはみ出して、姿勢に無理が生じて、起きた時に、体のどこかしらが痛くなっている。シングルソファで、フットレストが出てきたり、背もたれがリクライニングできる物があるが、あれはまさにソファ寝愛好者(=無精者)が考え出した物に違いない。

コメント