掃除の土曜日

ロシア語で土曜日はсуббота /スボータ/。

で、субботник /スボートニク/というのがあって、土曜日に職場や学校で大掃除をする日がある。

今日、私の配属先がそのスボートニクで、建物の内外を掃除・整理整頓した。

療育センターのスタッフだけでなく、色々な団体からボランティアも呼んでいて、そういう人たちも掃除を手伝ってくれていた。来ていたのは通所している児童の親、大学生のボランティアグループ、石油会社の社員グループであった。どういうルートでこういう団体から協力に来てもらったのかは知らないが、こういうのはいいなと思った。

saturday1

saturday2

村にいた時も、月に一度くらい、土曜日に学校の生徒たちが道路掃除をしているのを見た。日本でもやれば良いのに。日本の子供は、公共のために仕事をする機会がなさ過ぎるのではないか。

掃除が終わると、センターのほうで用意したランチをみんなで食べた。

saturday3

当たり前のことのようだが、こういうことができるのはキルギス人の良い所だと思う。日本人も真似できないものかね?

この日、私にとっての収穫(?)は、石油会社から来ていたボランティアたちがかぶっていた、その会社のロゴが入った帽子がかっこうよかったので、「それって、どこかで売っているの?」と質問したら、そのうちの一人がかぶっていた帽子を私にくれたことであった。コレクターというほどではないが、結構、帽子を集めているので、こういう帽子がもらえたのは嬉しい。日本でかぶっても良い感じの帽子である。

コメント