中古のほうが高いのはなぜ?

Amazonで本をあれこれ見ていて気づいたのだが、その本の中古が出品されている中に、定価(新品の!)よりも高い値段で売られている物がある。

たとえば、

http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4344982487/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used

http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4344982487/sr=/qid=/ref=olp_page_next?ie=UTF8&colid=&coliid=&condition=used&me=&qid=&shipPromoFilter=0&sort=sip&sr=&startIndex=15

http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4480062459/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used

とか。探せば、まだまだいくらでも出てくると思う。

これらの本は、別に稀覯本というわけではなくて、実際、定価よりも安い出品している業者もある。そういう中にあって、定価よりも高い値段で出している業者いるというのは、どういうわけ?

想像だが、うっかりな人が、間違えてそういう業者のところをクリックして購入してしまうのを狙っているとか? だとしたら悪質。

まじめに値段設定をした結果がこれなのだとしたら、それはそれで中古本を扱う業者としては問題であろう。

コメント